劇団の創立(UPDATE'2003'04'17)
 1964年、日本新劇界のパイオニア 秋田雨雀(あきたうじゃく)土方与志(ひじかたよし) が戦後に育んだ俳優、演出家八人(朝倉喜久雄・伊東潤二・瓜生正美・小竹伊津子・中津川衛・西沢由郎・森三平太・矢沢邦江)を中心に結成されました。 劇団名にお二人の名前を冠しているのは、秋田雨雀のヒューマニズム、土方与志のリアリズム、国際性豊かな舞台創造を受け継ぎ、さらにその遺産を今日の社会にいっそう 開花させたいという創立者たちの決意であり意思表示でもあります。そして、戦後土方与志が未来を担う若者たちに優れた演劇を提供しようと精力を傾けた「青年劇場運動」 によるシェイクスピアの作品によって出発しました。「青年劇場」という劇団名にはこの「青年劇場運動」と、「いつまでも青年のように」という思いが込められています。

青年劇場のマーク(UPDATE'2003'04'18)
秋田雨雀、土方与志の頭文字A・U、H・Yを図案化したもの。舞台美術家・松下朗さんのデザインです。

劇団の沿革(UPDATE'2003'04'17)
 青年劇場は1964年の創立以来、劇団制に基くアンサンブルの重視、アクチュアルな演劇創造を特徴とし、日本近現代劇、海外の作品など を意欲的に上演してきました。その活動は、飯沢匡氏・千田是也氏(いずれも故人)など新劇の大先輩を始め、ジェームス三木氏・高橋正圀氏・ 黒柳徹子氏など劇団外から の協力を得て、多様な活動を展開しています。現在、劇団員はほぼ120人で、東京での公演をはじめ全国で年間300ステージ余りの公演活動をくりひろげています。
 年間の公演では、青少年のための公演活動(青少年劇場運動)を一方の柱とし、他方、現代日本社会に真っ正面から挑む骨太の創作劇、世界の優れた演劇の紹介など 一般公演・小劇場公演に力を注いでいます。創立以来の39年間に110作品を舞台化してきました。そのうち日本の創作劇は78作品にのぼります。また海外戯曲 22作品中、我が国で初めて紹介した作品は16作品を占めています。
 近年国際交流でも新しい展開をはじめています。特に2001年は2月にロシア・サンクトペテルブルグから演出家・美術家を招いての小劇場公演『かもめ』を上演。 9月には韓国現代演劇界を代表する演出家・林英雄(リム・ヨウウン)氏を演出に招き、韓国演劇界からの客演も得ての『カムサハムニダ』公演が実現しています。また、 2002年7月にはソウルで開催されたアシテジ(国際児童青少年演劇協会)世界大会のフェスティバルで 『17才のオルゴール』を上演、日韓演劇交流を更に一歩進める ことが出来ました。
 劇団の歩みのその大半は公共助成もなく劇団員の創意と工夫、献身的な努力というまったくの自力によるものでした。現実社会に絶えず目を向けながら作品創造を進め、 観客との出会いや接点を大切にしながら新たな観客開拓の努力をし、更に自前のバスやトラックを駆使して全国津々浦々での公演活動を進めてきています。
 劇団の運営はそのほとんどが演劇公演活動によってまかなわれ、それは多くの観客、支持者によって支えられてきました。そのためにも公演を支える観客を増やすための 普及活動に力を入れています。今日、「青年劇場友の会」は年間会員3000名前後に達し、劇団の東京公演を支える大事な基盤となっています。青年劇場を応援する全国組織 「青年劇場全国後援会」も現在会員約300名を数えています。