日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成講座

モスクワ芸術座附属演劇大学
夏季ワークショップin東京

文化庁委託事業「平成25年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁・公益社団法人日本劇団協議会 コーディネーター/福島明夫(青年劇場) 後援/一般社団法人日露演劇会議

世界の演劇界に多大な影響を与えてきたモスクワ芸術座
その演劇教育プログラム 東京開催!!


モスクワ芸術座附属演劇大学が派遣するセルゲイ・シェンタリンスキー教授による「スタニスラフスキーシステムの基礎を学ぶ」をテーマにしたプログラムです。
一定の経験をもつ俳優を対象に、「俳優表現のエクササイズ」と「ステージムーブメント」の2つの講座を14日間(初参加<A/B>・参加経験あり<C/D>の2クラス・隔日実施で各7日間)にわたり行う充実した内容です。


         ↑    ↑    ↑
チラシと申し込み書はこちらからダウンロードしてください。

2013年7月15日(月・祝)〜30日(火)
青年劇場スタジオ結
※22日(月)・23日(火)休講

日程表は →こちら をご覧ください。

応募要項

募集人員 20名
応募資格1年以上の演劇教育過程を終了し、演劇経験1年以上、基本的に全日程に参加できる方。
受講料60,000円
応募方法所定用紙をダウンロードし必要事項をご記入の上、顔写真(モノクロ可)貼付・返信用80円切手一枚を同封して、日本劇団協議会か青年劇場あてに郵送してください。(応募書類は返却しませんので了承ください)

⇒ 用紙ダウンロード

受付6月10日(月)〜29日(土)
(当日消印有効)
選考結果は郵送にて7月5日(金)頃までにお知らせします。
お申込み
お問合せ
公益社団法人日本劇団協議会
〒160-0023
新宿区西新宿6-12-30
芸能花伝舎3F
TEL 03-5909-4600
FAX 03-5909-4666

秋田雨雀・土方与志記念
青年劇場事務局
〒160-0022
新宿区新宿2-9-20
問川ビル4F
TEL 03-3352-7054
FAX 03-3352-9418
E-mail info@seinengekijo.co.jp

講  師

「俳優表現のエクササイズ」
セルゲイ・シェンタリンスキー

たいへん嬉しいことに、スタニスラフスキーの演技方法を学ぶロシア演劇ワークショップが引き続き開催されることになりました!
2013年7月、私たちは授業を2クラスに分けて行ないます。初めてワークショップに参加する俳優たちのクラスでは、例年のようにスタニスラフスキーの演技システムに基づいた俳優のトレーニングを行ないます。6年間続いているこのワークショップのいずれかの時期に参加した俳優たちのクラスでは、ロシアの古典劇を取り上げて演技の勉強を続けていきます。お互いを豊かにし高め合う、興味あふれる創造的交流から成り立っているこのワークショップが続いていることを幸せに思っています。
では、近いうちに授業でお会いしましょう!
心を込めて!
(Sergey Shentalinsky)
 モスクワ芸術座附属演劇大学俳優学科教授、俳優、演出家。
 1991年チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学の名優タバコフ(モスクワ芸術座芸術監督)のクラスを卒業。ジュリアードスクール(米)、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(英)で研修を受け、その後タバコフ劇場の舞台に立ち、映画、TVドラマに出演。92年より、チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学で教鞭を執る。
 現在、同大学の俳優学科副科長。コロンビア大学・イリノイ大学における俳優演技マスタークラス(01年〜03年)、ミハイル・バリシニコフのアートセンターで俳優のためのワークショップ(08年)などの講師をつとめている。
 モスクワ芸術座附属演劇大学のイギリス人学生クラス担当(07年)。
 01〜06年、同大学協賛のプロジェクト「新しい文明」の代表者のひとりとして、ロシアで舞台俳優として最も才能のある若い人たちの指導に当たる。



「ステージムーブメント」
ヴィクトル・ニジェリスコイ

敬愛する演劇関係者の皆さん!!!
今年も、このワークショップの必要性が、日本の演劇界の皆さんや文化庁から理解され、支持を得たことを心から嬉しく思います。
私たちは、スタニスラフスキーの俳優養成のシステムにおいて基本的なものとなっている二つの科目、すなわち演技(俳優術)とステージムーヴメント(舞台動作)の基本から成るワークショップを皆さんに提供します。そして、このワークショップで習得しうる知識、能力、技能が、困難ではあるものの品位ある演劇活動をする上で日本の俳優の皆さんにとってかけがえのない、貴重なものになることを、期待し、かつ信じています。
敬意を込めて
(Victor Nizhel'skoy)
 俳優、演出家、舞台動作教師。
 1984年、モスクワ生まれ。2001年、ロシアの名門マールイ劇場附属のシチェプキン演劇大学に入学。4年生時より同大学で舞台動作を教えはじめる。在学中よりマールイ劇場の舞台に参加し、映画、TVドラマにも出演。2005年、演劇大学で教鞭を執りながら、舞台動作と演技の繋がりをさらに研究するため、大学院に入学。2006年、歌舞伎、能をはじめとして日本の演劇の舞台動作を学ぶため来日し、前進座の養成所で学ぶ。2007・08年、ロシア国立人文大学で、さらに2008年4月から4年間、立教大学助教として舞台動作を教える。現在、ロシアを拠点に俳優・演出、また身体表現の研究を基礎に舞台動作教師活動を展開している。2006年〜08年、NHKテレビ「ロシア語会話」出演。

ページのトップへ戻る