この一歩一歩に皆さんのお力を

青年劇場「50年への挑戦」応援5000万円募金へ
引き続きご協力をお願い致します。


『喜劇キュリー夫人』公演会場にて
 「50年への挑戦」に掲げた4つの柱の活動が、お蔭様で少しずつではありますが、形になってきました。学校公演や全国の演劇鑑賞会の公演は、数年来の働きかけや作品づくりが実を結んでか、今年は若干の前進を見せています。スタジオ結(YUI)での新作公演も8月に実現。国際交流も昨年の韓国公演の反響が広がり、次につながるための芽が見え始めています。こうした一歩一歩を大切に進んでいくよう、さらに努力してまいります。
 この間、『喜劇キュリー夫人』の関越・首都圏演劇鑑賞会公演の会場で募金箱やお願いのパネルを置いていただくなど、鑑賞会のみなさんの大きな応援も頂いています。募金と一緒にお寄せいただいたたくさんのメッセージとともに、劇団員一同大変励まされております。来年3月の募集期限まで引き続きご協力をくださいますようお願い申し上げます。

 いただいたメッセージの中から、ごく一部ですがご紹介させていただきます。
― 演劇は人生であり夢です。頑張りましょう。
― (しおりの)学校公演15年間のグラフを見て愕然としました。(中略)毎年元気で芝居が観られるお祝いとして送ります。どうぞ頑張ってください。
― 貴劇団の日頃の演劇活動に深い敬意と共感を覚え、特に今年(戦後60年)の企画並びに熱演に拍手!
― 学校での演劇鑑賞教室がいつまでも続くことを願っております。


募金の募集要項はこちらをクリックしてください。
↓   ↓   ↓
http://www.seinengekijo.co.jp/bokin/top.html