オールライト








「オールライト」を観た高校生座談会!





5月公演「オールライト」を観劇した高校生たちに感想を語ってもらいました。 今回参加してくれた高校生は、ユースフェスティバルの一環として上演した「裸電球に一番近い夏」に出演した高校生17人。 彼らからみた「オールライト」の見どころは…


父親

キャラクターの違う二人のお父さんが登場したけど、どう思った?

#どっちもいいお父さん!
 あんなに娘のことを心配してくれて、喧嘩しても迎えに来てくれるなんて、うらやましい!

#エリカのお父さんは娘に医者になる事を押し付けるじゃないですか。
 最初は嫌な親父だと思ったけど、二回目に出てきた時、娘の事を本当に心配しているんだなって、
 あの必死な姿が良かった!

拾われてきた人たち

突然同居することになったワケありの大人たち、皆には、どう見えた?

#河下なんか、あんなに必死に働いて、
 何か自分の10年後みたい!
 過労死で死ぬ人が多くなっているし、タイムリーなん
 じゃない。

#最初詐欺みたいな事やっていた人がどんどん変わっ
 ていくのが面白い。

#居場所がないだけで、本当は真面目に生きてる人た
 ちだよね。

グループ

舞台ではユキがグループに入っていないって言っていたけど、皆にはグループってあるの?

#なんかいつの間にかできているかな。

#エリカが「ユキは一人でも大丈夫だけど、自分はそうじゃない」というセリフにすごーく共感した。
 実は何かに所属していないと心配だったりする。

#私も周りから一人でも大丈夫って思われているんだけど、実は違う。

#エンジェルの「高校時代、はぶられていた」という話、すごくわかる。

#LINEで無視されているという話は、人事じゃないよね。
 とにかく一度グループ作ると絶対返事しないといけないもんね…。

ボブディランとツイキャス

ボブディランって知ってた?

#英語の教科書で見たことあった。

#すごーく良かった。家に帰ってユーチューブで
 調べて歌っちゃった!

#歌詞がすごく良かったよね。舞台で使われていた歌
 詞は自分で本当に翻訳したんだなってわかった。
 芝居にあった歌詞だったよね。

#ツイキャスが出てきてすごーく親近感湧きました。自
 分でも使っているんで。同じものが出てきたって!


 2015年5月、創立50周年記念として「青年劇場ユースフェスティバル」を企画、「オールライト」と同時に、「青年劇場が高校生と芝居作るってよ」企画で、 現役の高校生が出演する「裸電球に一番近い夏」(古川健=作/藤井ごう+演出チーム=演出)を上演しました。
今回の企画には創立以来お世話になっている関東高等学校演劇協議会から後援を頂き、関東近郊の演劇部に公募、27名の高校生が紀伊國屋サザンシアターの舞台に立つという画期的な企画でした。

舞台写真:V-WAVE


ページのトップへ