《創立50周年記念》スタジオ結企画第6回公演

あの夏の絵

福山啓子=作・演出


稽古場
たより

こんなにも知らなかった
ということを
初めて知った


被爆から70年。
記憶を伝え残すために語り始めた被爆者と、
それを受けとめ、絵に表現することに挑んだ高校生たちの
2015年夏の物語。
「博士の愛した数式」「野球部員、舞台に立つ!」の福山啓子、
待望の新作書き下ろし!


昨年秋、被爆者の集会で、広島市立基町高校創造表現科の生徒による原爆被爆者の証言を絵に描く活動を知りました。初めて見た高校生の絵は「被爆者が描いた絵?」と思わせるほど迫力に満ちたものでした。今年に入って、何度か広島に足を運び、高校生たちや指導の先生のお話を伺い、その度に、被爆者に向き合うその姿勢の真摯さに胸をうたれました。あの惨禍を絵に描く過程をぜひ劇化したい―私もまた襟を正して向き合うこととなりました。戦争の記憶の継承の一つの形として、皆様と共に共有できればと願っています。

福山啓子
(ふくやまけいこ)
東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。1980年入団。文芸演出部所属。
2006年初演の「博士の愛した数式」で脚本・演出を担当、児童福祉文化賞(厚生労働大臣賞)を受賞。その後、「野球部員、舞台に立つ!」で脚本・演出、「田畑家の行方」で演出を担当。


<あらすじ>

広島市内にある私立海陵学園高等部。
被爆者を祖父母に持つ高校一年の恵は、美術部員。被爆証言を絵にする活動に応募することにした。初めて目の前で、少人数で聞く被爆者の証言は、「体験」として胸に迫った。はじめは乗り気でなかった部員たちも証言を聞いて変わっていく。でも、見たこともないものを絵に描くのは想像以上に大変な作業だった…!


出  演
顔写真にポインターを合わせると役名が、 俳優名をクリックするとプロフィールが表示されます


青木力弥

藤井美恵子

重野恵

林田悠佑

傍島ひとみ

前田みどり
他の俳優プロフィールは →  こちら

スタッフ

作・演出=福山啓子/美術=石井強司/照明=河ア浩/選曲=堀沢広幸/音響効果=石井隆
衣裳=宮岡増枝/演出助手=清原達之/方言指導=蒔田祐子/舞台監督=松橋秀幸
舞台監督助手=真喜志康壮/製作=広瀬公乃/製作助手=白木匡子




  ↑ ↑ ↑
  クリック!


2015年
12月11日〜20日 青年劇場スタジオ結  → アクセス

前売り券は全て売り切れました。
12月 11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
14:00 -

-
19:00 - - -

―アフタートークゲスト―
聞き手:福山啓子

12月12日(土)14:00の部
 宇都宮未来さん
(広島市立基町高校3年生)
 橋本一貫さん
(広島市立基町高校美術部顧問)

12月15日(火)19:00の部
 岡村幸宣さん
(原爆の図丸木美術館学芸員)

12月16日(水)14:00の部
 山田みどりさん
(東京被爆二世の会副会長)

12月19日(土)19:00の部
 小倉康嗣さん
(立教大学社会学部准教授)
★=アフタートークあり

※開場時間は各公演の30分前です。


一般=4,500円(消費税8%含む)
U30(30才以下)=3,000円(消費税8%含む)
高校生以下=2,000円(消費税8%含む)
当日=各300円増


◎日時指定・全席自由席
◎団体割引・障害者割引あり
◎劇場は階段を下りた地下2Fにございます。
車椅子でのご入場はできませんのでご了承ください。