「あの夏の絵」公演班だより

あの夏の絵トップページ 初演の感想 日程 公演班だより

2015年 → 初 演  2017年 → 下半期  2018年 → 上半期



2018/10/15

本日は宮崎県日南市の吾田(あがた)中学校にお邪魔しています。
天気は曇り、気温は20℃前後。体育館の公演には少し寒いくらいでしょうか。


加えて本日は通算50ステージ目だそうで、今後100、200とステージを重ねていければと思う今日この頃です。とまぁ、月並みな言葉を並べておりますが、何分公演班日誌を書くのは久々ですのでご了承下さいませ。


11:30から「ダヴィ&ミケ」による生徒さんたちを含めたリハーサル。3年生の中から選抜された10名の生徒さんたちです。
リハーサルはバタバタしていたようですが、どうやら本番は上手くいった様です。







本編の反応も良く、大変楽しんで貰えた様です。バラしの際には製作担当者のところにお手伝いの生徒さんがやって来て、被爆体験の証言のシーンが印象的だったと感想を残していってくれたそうです。
学校を出る時には、担当の先生からお言葉を頂戴し数名の生徒さんたちも見送りに来てくれました。
本日はありがとうごさいました。

大道具・松橋秀幸

ページのトップへ


2018/10/12

今日は文化庁の公演で鹿児島県の霧島中学校に来ています。

生徒さんたちが事前ワークショップで稽古した劇の発表

全校生徒86名の学校です。
生徒さんは廊下などですれ違う時必ず挨拶をしてくれる礼儀正しい生徒さんたちでした。

カーテンコール風景



お芝居もとても集中して大変よく観てくれました。

大木章

ページのトップへ


2018/10/11

『あの夏の絵』文化庁公演、本日は小林市の須木中学校。文化庁公演全日程通して唯一の会館公演。

WSから2ヶ月、みんな頑張って稽古してくれたかな?リハーサルで今日もツカミは任せろと云わんばかりのダヴィンチ先生とミケ。

セットの上でのリハに緊張する出演生徒さんたち。少し動きが硬くなっているかも?


そして本番に向けて更に緊張を高める。しかし緊張は集中している証。
そして彼らは本番の舞台を見事に自分達の役を演じきったのでした。


余談ですが私ミケランジェロこと松田は、本日でまた1つ歳を積み重ねることが出来ました。本日はいただいたコイツで疲れをスッキリ取ろうと思います。皆さん、本当にありがとうございます!

ミケランジェロ/Matsuda Mitsutoshi

ページのトップへ



2018/10/10 水曜日 2ステージ目!

ダビンチ船津です。

本日は宮崎県の門川(かどかわ)町立門川中学校での公演。
昨日と同じく暑い日になるのか…と思いきや、意外と涼しく、公演中にはポツリポツリと雨が降ってきました。

朝は一生懸命搬入の手伝いをしてくれる生徒さんがいて助かりました。
昨日の初日は小学生が見てくれたのでダビンチ先生から本編までよく笑ってくれたのですが、今日は中学生だけの400名ほど!
大人しく見ているようで結構笑ったり良い反応が返ってきました。

座談会に出た青木力弥さん、藤井美恵子さんの報告によりますと、「ともかく明るい生徒!」との事。
ステージに上がった生徒中心で行われたそうですが、「セリフがよく聞こえた。」「意味がよくわかった。」「おいなりさんをとても美味しそうに食べていた。」等々。先生もすごく感動してくれたようです。

バラシもたくさんの生徒さんが手伝ってくれました。
バラシが終わってバスに乗り込む前にワーッと人だかりができていて女優陣とお話しして、「キャーかわいい!」「顔ちっちゃーい!」と盛り上がっておりました。
あと2回連続公演。一路小林市へ向かいます。

船津基

ページのトップへ


2018/10/4

『あの夏の絵』下半期公演班始動。
本日は文化庁公演の荷積み。





上半期から文化庁メンバーが大きく代わり、トラックも2tトラック×2台から4tトラックに変わる為、前回の記憶を思い出しながら1つ1つ確認しての作業。

天候は曇りがちながら雨に降られる事無く無事に終了し、出発等の最終確認。

上半期2校から下半期7校。 WSで出会ったたくさんの生徒さんたちとの再会を楽しみに、さらに進化した『あの夏の絵』という作品を観る人達の心に届けられるように、再び九州の地へ。

ミケランジェロ/Matsuda Mitsutoshi

ページのトップへ